キャッシング審査

審査に通らない理由

金融業者は顧客にお金を貸してナンボの世界です。貸したお金に金利を上乗せして返済を受けて利益を得ているのです。したがって、お金を貸さないことには一円の利益も得られないのですから、彼らもどうにかしてお金を貸そうとしてきます。つまりお金を貸したがっているのが消費者機金融を含む金融業者の実態といっても過言ではないでしょう。

ただし、彼らも闇雲にはお金を貸してくれません。金融業者にとって一番怖いのは貸したお金を焦げ付かせてしまうことです。自己破産などがそうですが、特に他社からの借入件数が多い多重債務者にこの傾向が見られます。

こういったリスクを回避するためにも、審査の段階で借入件数や現在の借金総額などが調査されます。審査に通らない理由で一番多いのがこのタイプの多重債務者です。

大手銀行系のキャッシング会社などは貸付金利も低いので、借入件数の少ない優良顧客を対象として融資をしています。したがって、多重債務者は審査の厳しい大手などではほぼ100%の確率で審査で落とされてしまいます。

収入

また、次に多いのは収入です。収入の少ない人は返済能力も低いとみられますので、たとえ審査に通ったとしても貸付限度額は低く設定される傾向にあります。

正社員以外の派遣社員やアルバイト、パートの人も、たとえ毎月決まった収入があったとしても、審査で落とされる可能性は高くなります。なぜならばそういった職種の人は、会社側の都合で簡単に解雇される可能性が高いからです。

ブラックリスト

その他の理由としては、過去五年以内に自己破産などの債務整理をしていたり、毎月の返済をきちんとしていなかったりしていた方などは、信用情報センターのブラックリストに登録されている可能性がありますので、審査で落とされる可能性があります。

もしも心配でしたら、信用情報センターに情報開示の請求をするといいでしょう。

サイト運営

連絡先